FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

吹きガラスの猪口 小鉢

巳亦敬一さんはガラス屋の3代目とお話ししていますが、
なまじ中学生で職人並の仕事が出来たので、
手伝わされた事もあって、初めはガラスの仕事を、
選ぶつもりが無かったそうです。

10mimata_397.jpg
新ぐい呑み小鉢 2.625円 径8.5cm高さ6cm

10mimata_398.jpg
口縁部分にはモールが、途中から着せた部分の点文が施されています。

それでも、ガラスの道を歩み出したのは、
外からガラスを見ることで、
改めて魅力を感じとれたからようです。

10mimata369.jpg
ソバチョコ 蕾 3,360円 径9.5cm高さ7.3cm

10mimata370.jpg
人気の蕾のベーシックモデルです。使い勝手の良いガラス器です。


計画的に下準備の手間をかけ、手の込んだガラスも、
さらっと仕上げることで、技がはっきりみえるガラスも、
巳亦さんならではのガラス器です。

10mimata_399.jpg
新スキボール丸変形 3,360円 径8.5cm高さ6cm

10mimata_400.jpg
着せ部分の中程の点文が施され、腰は四方にくびれさせてあります。

今日ご紹介した猪口も、
表情は違いますが、
それぞれに、盛って由、飲んで良しと、
使い勝手がよく、楽しみが広がる器です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1678-5f8e806c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)