FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あかりとリンクする器

毎年2月頃に荻窪銀花では、あかり展を開催しています。
この時に、銀花オリジナルのスタンドのシェードは、
そのほとんどを、巳亦敬一さんにお願いしています。

10mimata_424.jpg
アッパースタンド 35,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 蕾文
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
約高さ65cm ベース径18cm


規格の電球を点灯するために、
決まった寸法にする部分がありながら、
全体としては自由で全て1つずつという難題を、
難なくクリアした上で、
それぞれにとても魅力的なシェードを作ってくれます。

10mimata_426.jpg
台付皿 蕾 レッド 3,780円 径15.5cmH5.5cm
ソバチョコ 蕾 3,360円 径9.5cm高さ7.3cm
皿 蕾 レッド 3,360円 径16cmH5cm


時期的にも、今年の仕事の立ち上がり時期で、
個展のイメージも広がりつつあるのでしょう。
結果として、個展作品とリンクするシェードを、
いち早く見ることができます。

10mimata_427.jpg
消灯すると、ほら同じ蕾文です。

趣のあるシェードが、器になるとどうなるのかを、
想像しながら楽しみにしている甘庵ですが、
いつも期待以上の結果になり、
巳亦さんの力量を、嬉しく感心するばかりです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1681-e77b6261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)