FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

美味しい長皿

手仕事での長皿は、鋳込みではなく、
その多くが、タタラという粘土の板を、
簡単な形に押しつけて成形しています。
そのために、バラツキもあり、歪みも出ます。
鋳込みのようなスマートな仕上がりを目指していません。
ロクロで引き出す仕事より、
より手あとが見えて、彫刻としての要素さえ見えます。
使い土の質感を活かし、ちょっと大胆だったりもします。

10oishii_549.jpg
村木律夫 黒釉銀彩チョーク描長皿 5,000円 W27.5cmD8.7cmH1.5cm
小野寺友子 磁器さんま皿 3,560円 W30.5cmD10.5cmH1cm


また、焼成はスペースを取り、
切れが出やすかったり、焼きにくく、
歩留まりの悪い器の代表です。
それでも単価もそう高く出来ないですから、
残念ながら、長皿を積極的に作る作り手ばかりではありません。

10oishii_545.jpg
磁土でさらっと仕上げたモダンなサンマ皿です

そこで作り手の技量が大切になってきます。
能率よく、無駄な手間を省いたり、
より魅力的な質感にしたりと、
工夫や力量で仕上がりが違ってきます。

10oishii_551.jpg
黒釉の帯状に掛け、土味を見せた両端にチョーク絵を施した、
気品ある仕上がりの長皿です。


盛り映えして美味しそうな長皿は、
格調高く八寸としても使える気品があり、
サンマなど焼き魚を盛っても匂いが付きにくい、
しっかり焼けた素地などの実質の内容も伴なってこそ、
使える長皿となります。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

小野寺さんの白磁サンマ皿は

お返事おそくなりました。
在庫を調べたところ、

小野寺友子 磁器さんま皿 3,560円 W30.5cmD10.5cmH1cm

こちらは、3客在庫がございます。
村木さんの長皿は在庫ありません。

ご検討ください。ご連絡は下記アドレスまで、メールでお願いいたします。
ginka@kan-an.com
 
           甘庵

こちらのサンマ皿はもう購入することはできないでしょうか?

  • 2012/02/01(水) 13:17:49 |
  • URL |
  • AA #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1694-0b7c1e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)