FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

三色角鉢

簡単な形に押しつけて作り出す、
小野寺友子さんの角鉢は、
からっと焼き上がって、
焼き菓子を連想させます。

10oishii_569.jpg
小野寺友子
炭化角鉢 2,940円 □15cmH4cm
銀彩角鉢 4,200円 □15cmH4cm
粉引角鉢 2,940円 □15cmH4.5cm


美味しそうなイメージは、
粉引や炭化や銀彩のそれぞれの表情も、
どれを選ぶか楽しみな、
味違いの三色セットに見えてくのは、
妄想族の甘庵だけでしょうか。

10oishii_571.jpg

土っぽさが心情の炭化角鉢は、
こんがりと焼き上がるときに動きのあるやんちゃな姿。

10oishii_570.jpg

炭化鉢をベースに、銀彩を施して、
焼き上げた銀彩角鉢は、
ちょっとゴージャスな特性の衣つき。

10oishii_572.jpg

粉引鉢は、たっぷり化粧土を纏って、
温かく柔らかな質感でいて、
さっくりした歯触りを感じます。

う~ん、どうも美味しそうなイメージが、
それぞれの角鉢から先行してしまいます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1697-0093a13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)