FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

間違いない片口選び

鶴見宗次さんは手で形を作り出していくの、
多くの器のようなロクロの回転で生み出された、
均一で平坦な肌合いや、形ではありません。
手あとが残る造形に鶴見さんの器の魅力があります。

10turumi736.jpg
どれも1つずつそれぞれに心地よく歪んでいます。

皿や鉢と違い片口は口があるので、
鶴見さんらしさがいっそう生きてきます。

10turumi737.jpg
手でひねりだしていますが、フォルムは凛としています。

皿でも鉢でも1つずつですが、
片口はより、自由に作れるために、
それぞれの個性がよりいっそうのびのびとしています。

10turumi735.jpg
片口 5,250円 W20cm D13.5cm H8cm

片口本来の注ぐことも、
そう長くない口作りから信じられないほどに、
スパッと切れて、注ぎやすく出来ています。

10turumi740.jpg
片口 5,250円 W17.5cm D14cm H8.5cm

基本はゆったりした丸さが掌のよい形の鉢で、
しっかり焼しまった素地は、
いろいろな素材の盛りつけが映え、
盛ったとたんに華やぐのも特徴です。

器としての使い勝手と使いやすさは
間違いない片口選びになります。

                    甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1700-42fba980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)