FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスの茶器 その1

荒川尚也さんの個展には、
日常の器から花器、遊びと言ってよいステーショナリーまで、
多用なバリエーションでガラスの魅力を見せてくれています。
今日はそれらのなかから、すこし品格ある茶器をご紹介します。

10arakawa655.jpg

10arakawa657.jpg
ふたもの 棗 スモーク
左:27,300円 径6.4cmH8.5cm アルミ削り出し印籠
右:23,100円 径6.5cmH5.5cm アルミ削り出し印籠


茶入れとして使っていただける、棗です。
いずれもブルグレーの深い色合いを持つ、
ガラス素地をつかい、吹きガラスで形作られた後に、
質感や納まりにオリジナルの手を加えて、
ガラスの異なった一面を見せてくれています。

10arakawa658.jpg

印籠とよばれる召し合わせの部分も、
工房内の一貫作業でアルミを削り出しています。
そのために、きめ細かさというより、
異素材ながらの一体感があっって、
何より好感を持てます。

10arakawa660.jpg

10arakawa662.jpg
ふたもの 棗 スモーク 9,975円 径5.7cmH7.5cm

円筒形の棗は、同じ素材でも、
フタや肩に角や縁が生まれて、
少し硬質感を感じとれます。
光の加減で、少し透け感も見え、
涼感を期待させます。

10arakawa663.jpg

納品書には「ふたもの 棗」とあります。
茶器が本来の目的から見立てで、
成立したように、ふたものとして、
気軽に楽しく使っていただけることも、
期待してのネーミングだと思います。

甘庵は、開けるという操作に、
器が見えなかった見込みや内側を見せるので、
ふたものが大好きで、
かなりそそられています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1741-49da5344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)