FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスの茶器 その3

猛暑日への注意が呼びかけられていますが、
エアコンを初めとする物理的な対応いがいにも、
目からも涼しいアイテムで、楽しみたいものです。

10arakawa648.jpg
水差し(アルミ鋳物フタ)52,500円 本体径14.5cmフタ径16cm H18cm

子供なら軒先にビニールプールを出して、
水遊びもできますが、
大人としてはそうもいきません。

10arakawa649.jpg
地紋のあるガラス面がその時々の光を取り込んで煌めきます。

同じように水をはり、
水面の揺らぎからの涼感を、
もてなしとできるかも・・・・と、
やきものが多い水指をガラスにして、
より涼感を楽しもうとするのは、
数寄人ならずともあそび心あれば考えるところ。

10arakawa672.jpg
水を張ると、いっそうの煌めきをみせます。

緑葉をひとひら浮かべてみれば、
部屋にも届く陽光も和らぎ涼やかに。
時は、キリリと冷えた白ワインや冷酒を満たし、
すくって頂くのも一興かもしれません。

暑さに負けず、逆手にとって
遊びこころで楽しむのも、
器を活かすことになるでしょう。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1745-8d325e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)