FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

瓶の底まで残さない匙

瓶に入ったマスタードや柚胡椒などの調味料や、
ふたものの入れた自作の練り味噌やペーストなどを、
底や隅まで残さず取るのに、
ティスプーンだとどうも取り損なってしまうし、
食卓に出すときにも、色気がない。

10sajihashi0112.jpg
伊藤玲 長い柄匙 漆仕上げ 600円 L13.5~11cm

そんな思いをなさった方にお薦めの、
伊藤玲さんの新作長い柄の小さい匙です。
これはなかなか便利そうですよ。
他にもいろいろ使えそうですね。

10sajihashi0114.jpg

木の匙って、どこか語るところがあったり、
小さくても存在感があります。
調味料も、少量でひと味加える役目ですから、
少し演出効果があった方が、
楽しく使えると思いませんか。

10sajihashi0115.jpg

デフレスパイラルで安価にくらせるのは、
庶民のぼくは、恩恵には預かっているのですが、
あまりに味気なくなっている気がする昨今です。
料理や食卓で調味料を使う時に、
手で彫りだして漆をしっかり塗った、
一本の小さな木の匙を使うだけで、
気持ちは少しリッチに、心だけ貴族になれる、
小さな木の匙だと思っています。

              甘庵 



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1770-72134e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)