FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

コーヒー匙

茶葉を取り分ける匙を、茶匙といいますから、
これは、コーヒー匙。
茶さじは使い方によっては、
茶葉を粉にしていくばかりですので、
使い時のご注意をよくお話します。
押してすくうと、茶葉を痛めてしまいます。

10sajihashi0118.jpg
武井順一 茶さじ 山桜材 漆仕上げ
右から:大 3,990円×1 径6cm        
小柄長 2,625円×4 径4.5cm
小 2,625円×4 径4~4.5cm


煎茶道では、茶匙にあたるモノは、
大きな受けトイのような部分に、
茶入れから振り出すようにしているのは、
茶葉を痛めないための所作なのでしょう。

10sajihashi0117.jpg

話しを戻して、コーヒー匙。
これは有効だと思います。
豆でも、挽いた粉でも、
きちんと計ることにも、
ミルやドリッパーに入れるときにも、
浅いスプーンなどでは、
使いにくいものです。

10sajihashi0119.jpg
柄の裏側も外側に沿うように彫られていて、
指馴染みがよく短い柄でもつかみやすいんです。


オマケについているプラスティックの匙では、
コーヒーも嗜好の飲料なのですから、
すこし道具も楽しんで欲しいところです。

10sajihashi0120.jpg

武井さんのコーヒー匙は、
丸さといい、柄の形といい、
削り出した裏面の刃の後といい、
心惹かれる部分大です。
木目の美しい可愛い形の匙に仕上がっています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1771-7feaea11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)