FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手仕事のエコ箸

武井順一さんは小さな匙から大きな鉢や家具まで、
木との会話を楽しんだような楽しい仕事をされます。
その武井さんが箸箱をつくると、こんな感じです。

10sajihashi0040.jpg
武井順一 マイ箸セット 6,300円
上:栗・楢 ウレタン  L23cm
下:サクラ・栓 ウレタン  L23cm


箸はいつものように削り出した刃後を適当に残し、
持ちやすく木目を楽しめる仕事です。
それを入れる箸箱は、木の塊から削りだしてあります。

10sajihashi1103.jpg

時には、箸と、箸箱のフタと、身と、
全部材種が変えてくることも、
使い混むほどに、木の色合いや表情に差が出てくるのを、
楽しめるのは使い手の特権です。

10sajihashi1102.jpg

箸を入れてフタを閉じると、
良い感じにきゅっと納まります。
きついわけではないのですが、
フタが浮つかずに、しっくりした納まり。
それは、一つずつ手で削っては合わせて、
具合を計りながら仕上げているからです。

この「マイ箸セット」は、あえて漆しあげではなく、
ウレタンで仕上げています。
といっても、通常のウレタン塗装ではなく、
木地の中に染みこんで地固めをするもので、
歴史的な木造建築や仏像などの文化的遺産を、
保存保全のために開発されたものです。
木の素地の感触をなるべくいかして、
でも、さらっと洗う事で汚れがとれて、
出先で食べたままでも、
汚れが染みこみにくい塗装です。

いずれにしても、エコ感覚だけではなく、
お気に入りの自分の箸で食べる安心だったり、
手持ちや口触りの美味しさを大切できる、
楽しいアイテムです。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1775-66a268c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)