FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

やきものの面取りも料理と同じ要領です

稲垣明子さんの主な土の仕事には、
先日ご紹介して練り込みと、
今日ご紹介する面取りがあります。

10inagaki0105.jpg
面取りカップ大 3,000円 径11cmH7.5cm

面取りは、お料理の野菜などの面取りと、
基本的には同じです。
面取りすることを念頭において、
ロクロで気持ち厚めに器を挽きだして、
手に持てて削れる頃合いを見計らい、
いわば包丁にあたるもので、
ザクザクと面をとります。

10inagaki0104.jpg
面取りカップ中 2,800円 径9.5cmH7.5cm

このザクザクという、
スピード感を感じられるには、
思い切りが必要です。
無謀ではなく、計算と経験です。
穴が空かないけどびくびくした面取りは、
スピード感がなく魅力に欠けます。
厚めにならないようにしながらも、
スムーズに面取られると、
リズミカルでダイナミックな、
彫刻的な表情が生まれます。

10inagaki0106.jpg
面取りカップ小 2,500円 径9cmH7cm

ご紹介しているカップは、
手の大きさや入れるものでサイズや、
使い方や好みで色や土味を選ぶのと同時に、
面取りが生み出す手に馴染む掌も、
一つずつで相性があるので、
セレクトのポイントです。

10inagaki0103.jpg
面取りカップ大 3,000円 径11cmH7.5cm

モダンでシンプルなフォルムですが、
使いやすい器なので、
マイカップとしてお茶やお酒から、
小付けとして料理やデザートまで自由な発想で、
いろいろ試してもらいたい器です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1788-b1a4ba89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)