FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

欲張りな器

急に涼しくなった荻窪村です。
明け方に涼しくなるので、
寝冷えしやすい気候とTVいってました。
こうして秋風を感じると、ビールから急にお酒が恋しくなります。

10inagaki0231.jpg
大小さまざま、釉も色々、形もそれぞれで、
自分を主張する片口が並びます。


今日ご紹介するのは、稲垣明子さんの面取りの片口です。
片口は非対称形の形から惹かれてしまう器好きの方多いはず。
しかも色々使える。
早速、お酒を七分目入れて、お気に入りの杯に注げば、
秋の夜長を、静かに楽しめます。

10inagaki0228.jpg
左奥:面取り片口大 5,000円 W17.5cm D14.5cm H9cm
右奥:面取り片口中 3,500円 W13.5cm D7.5cm H7cm
左手前:面取り片口中 3,800円 W16cm D14cm H7cm
右手前:面取り片口大 4,000円 W13.5cm D12cm H6cm


ちょっと前なら、麺汁いれていたのに煮物がもられたり、
ドレッシング濯いでいたのに、鍋の割り下って、
それはまだ早いかな。

10inagaki0230.jpg
面取られた側面の釉掛けや焦げなど、
それぞれ異なる表情が魅力的です。


片口も稲垣さんが作ると、完全一品で、
造形、面取り、様々な釉掛け、炭化などの焼方と、
色も形もそれぞれで、盛りつけイメージや使い方で、
お好みしだいに選べます。

逆に、捨てがたく選びきれず、
色や形の違うのを揃えたくなってしまうほどです。
手に入れて使い方の工夫を楽しめる器です。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1792-da56d3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)