FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

爽やかな澄んだ素地のガラス

荒川尚也さんのガラスの特長に、澄んだ素地と、
動きのある泡を上げることが出来るでしょう。
吹きガラスを作るときの素地のガラスは、水飴の様な状態です。
その流動する液体から、作りだす力仕事は、
大変ダイナミックな技です。
溶けたガラスの動きをそのまま止め、
封じ込める仕事を、荒川さんは意識しています。
まるで流水の中の泡を、瞬間に閉じこめた器ですが、
それは明らかに演出された、デザインです。
ほとんどが意図的に計画的に、入れられた泡。
自然発生ではなく化学的に発生させる泡は、ごく自然に見えますが、
器の中に美しい動きとしてデザインされています。
清涼感が溢れても、無機質感や冷たさを感じないのは、
澄んだ素地に入ったリズミカルな泡が、
動きを感じさせるデザインとして成功しているからです。
閑庵



arkw04.jpg


arkw14.jpg


arkw15.jpg


arkw17.jpg


arkw26.jpg


arkw24.jpg

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/18-3626d6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)