FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

開ける楽しみ

山口利枝さんは、使い勝手の良いふたものや、
使い方を工夫するのが楽しみな小箱をよく作ってくれます。
今回も、魅力のあるふたものと小箱が届いています。

10yamaguchi0134.jpg

10yamaguchi0135.jpg
白磁ふたもの 12,000円 径16cm H12cm


白磁のふたものが今回届いたなかで一番大きくて、
食籠(じきろう)といっても良いほどの大きさです。
しっとりしたお菓子が乾かないように配慮する器として、
温かい料理をなるべく温かいまま食べていただく器として、
使い方は広がりそうですね。


10yamaguchi0093.jpg

10yamaguchi0232_20101010112318.jpg
花詰めふたもの 6,300円 径12cm H6cm

こちらは常備菜を冷蔵庫に入れておいて、
そのまま食卓にだしたい可愛いふたものです。
花形の窓のなかに小花がいっぱい描かれています。
フタも大きく開いて、中が取りやすく、
また洗う時も楽です。
匂いが付かないので、梅干し、佃煮、漬け物など、
ご飯のお供が浮かんでしまう甘庵です。


10yamaguchi0152.jpg

10yamaguchi0153.jpg
小箱 各3,100円 □6cm H4cm

小さな箱には、それぞれ絵柄が描かれていて、
並んでいるのを見ていても楽しいのですが、
ジュエリーなどの大切なものを仕舞っておいたり、
思いでの小物を保存したり・・・。
中身への思いを大切にするにはぴったりな、
山口さんらしいチャーミングな小箱です。


それぞれの華やかな、ふたものも小箱も、
中身が、なにかな~って開けたくなる、
開ける楽しみが生まれる器です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1815-6fd306d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)