FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手仕事ではあまり見かけない器

山口利枝さんの大きな魅力に、
器の作り手としての自覚が、
しっかりしている点を上げて良いと思います。

10yamaguchi0250.jpg

手仕事では、コストだけから考えると、
単価が高くなってしまいがちでも、
使い手からは、それほど価値をみいだしていただけない、
極々、日常的な器があります。

10yamaguchi0079.jpg

10yamaguchi0253.jpg
鉄呉須麦わら丼 4,410円 径16.5cm H8.8cm

山口さんの器は、内容と照らせばどれも、
求めやすく設定されている点は、
頭が下がるのですが、
この丼などは、作り手が余り作らない器の代表です。
麺喰いには、たまらないアイテムです。
煮物でも、サラダでもいろいろ使えそうです。

10yamaguchi0092.jpg

10yamaguchi0091.jpg
松文7.5寸鉢 5,460円 径23cm H6cm

こちらの鉢はかなりたっぷりしているのに、
手持ちが軽く、扱いやすく、
食べ盛りを抱えたお家には絶対お薦めできます。
サラダボールに使えそうな大きさですが、
たっぷりと盛りつけができる広がりと、
気取って盛っても映える気品があります。

10yamaguchi0235.jpg

どちらも、丈夫で長く使えて、飽きのこない、
毎日つかう器に必要な点を、
全てクリアしている、
信頼できる日常の器です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1816-a55a2e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)