FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ことこと煮込む土鍋

10月も半ばになったのに、
天候が今一秋っぽくなくて、
野菜が高かったり、魚のとれ方が違ったりしている、
ニュースも聞かれます。
10autumn0313.jpg
光藤佐 鉄絵土鍋7寸 18,000円
外径21cm内径18cmフタ上までの高さ18cm本体の高さ10.5cm


街の様子も、Tシャツで活動的に動いている方から、
秋バリバリのファッションに身を包む方まで、
いろいろな方を見かけます。
確かに気温の変動も激しくて、
出掛けるときに何を着ていくか迷うくらいです。

10autumn0314.jpg
光藤佐 行平大 16,000円
外径17.5cm内径14cmフタ上までの高さ15.5cm本体の高さ10.5cm


それでも体内時計・・・体内カレンダーかな、
どこか秋めいたものが食べたくなっているのは、
長く生きてきている習慣だけではない気がします。

10autumn0315.jpg
光藤佐 鉄絵土鍋5寸 15,000円
外径17.5cm内径14.5cmフタ上までの高さ14.5cm本体の高さ85cm


ことこと煮込んだものや、
こっくりしたものに、
気持ちが動くのは甘庵だけでしょうか。

10autumn0316.jpg
光藤佐 鉄絵ミルクパン 10,000円 外径13cm高さ8cm
焼台 10,500円 W30cmD17cmH18.5cm


そこで、今日からの荻窪銀花の秋をテーマにした企画から、
そんな中から、いきなりの土鍋のご紹介です。
今回の土鍋は、ご飯を炊いたり、
ことこと煮込んだりするタイプです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1818-a9117099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)