FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

飯碗のように選ぶ自分の椀

温かいものがご馳走になってくる季節は、
漆器の出番が多くなってくる甘庵です。
中身が木の漆器は、熱伝導率が低くて、
料理が冷めず、器も熱くならないので、
持つ手にも優しい器です。

10autumn0267.jpg

10autumn0268.jpg
太田修嗣 根来合鹿椀 みずき 18,900円
径13~12cm 高さ7.1cm


他の材質の器にはない、手持ちの軽さや、
柔らかな素材だからこその口当たりも自然で、
漆器で食べていると、とても穏やかな心持ちになります。

10autumn0269.jpg
上の根来椀をいくつか並べて上からみると、
歪みもそれぞれなのがわかります。


ご紹介している太田修嗣さんの椀は、
横木のロクロ引きで、木の歪みを活かした形が多く、
やきものの歪みの表情にもにて、
1つずつの飯碗を選ぶように、
自分に好みの姿や掌から選ぶ方が多い椀です。

10autumn0270.jpg

10autumn0271.jpg
太田修嗣 洗朱根来大椀 27,300円
径15.2~14.3cm 高さ8.6cm


ぼくも長く愛用させていただいていますが、
丈夫で安心して日常使いをしていると、
口当たりや掌が体に馴染んでいき、
愛着が増して行くばかりです。

制作に時間がかかるので、
どうしても他の器に比べて高く感じられる方も多いでしょうが、
長く使う事で、元がとれましす、
心の見返りは価格以上のものがあるのが、
良質な漆器だと強くお伝えしたい点です。
              
                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1834-e8dbb862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)