FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

落葉の皿

武井順一さんが生えている木々も好きで、
日々の暮らしのなかでも、
優しい眼差し手観察をしてると想像させるのが、
木々の葉を彫り出した、葉型皿です。

10takei0519.jpg
楢葉型皿 6,300円 ケヤキ 拭き漆
W25cmD12.5cmH2cm


今年は、楓、楢、栗、柏と、
秋の雑木林の落葉を思わせるような、
葉形皿が並んでいます。

10takei0513.jpg
楓葉形皿 6,300円 ケヤキ 漆仕上げ
W18cmD16cmH2cm


どれも、特徴を良くとらえた造形と、
落葉のもつ軽やかな質感まで、
伝わって来る軽快な手際で削りだされています。

10takei0538.jpg
柏葉型皿 6,300円 ケヤキ 拭き漆
W22cmD14cmH2cm


取り皿菓や子皿に良い大きさの、
楓葉皿、楢葉皿、柏葉皿、栗葉皿は、
ケヤキ材の木目活かして彫られ、
削りだして作られています。

10takei0539.jpg
栗葉型皿 7,350円 ケヤキ 拭き漆
W25.5cmD7cmH2cm


ケヤキは、落葉の広葉樹で、堅木ともいわれる、
丈夫な木で、木との相性のよい漆で仕上げているので、
日常使いに使い勝手よく、
木目といかしているので、
盛りつける菓子や料理も引き立てます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1836-d5c657c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)