FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

楽しい荷ほどきは進みません

明後日からの中條さんの作品を荷ほどきを少しました。
うーん、華麗で豪華で絢爛。
かと思うと、まるで絵本の世界のように、
ほほえんでしまう可愛い絵柄も出てきます。

日本の装飾の美しさと、
ほのぼのしたメルヘンを楽しみながらの作業のため,
ちっとも進みません。
休みの今日も、夕方から残りを解きます。

その一部を見せちゃいますね。
どちらも尾形乾山の写しというか、
ぼくらの暮らし似合わせて発展させたものです。


chu623.jpg


絵変わりの組皿です。
一組の“うつわ”を絵変わりで楽しめるのは、
揃えない魅力を好む和の美意識です。
図案の違いを楽しむだけでなく、
季節感や、構図の趣など、心の遊びです。


chu626.jpg


向こう付けです。
意図的に切り抜いた穴が開いていて、
それを図柄の一部としえ取れ入れる面白みは、
和の風流・・・そう、数寄心ですね。

こんな感じで一つずつ見入ってしまうので、
ちっとも進まないんですよ。
でも、楽しいですよ。
“うつわ屋”やめられません。
 
         甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/184-47a83633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)