FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手で彫るからこそ生み出せる形

武井順一さんの器には、
楕円の形が多く見られます。
そこには、武井さんの手で彫るからこその、
手だからできる、手仕事らしい、
手のパワーを活かした仕事を、
意識し、目指しているのだと思います。

今日ご紹介するヤマザクラを刳りぬいた、
舟形器は、力強く優雅なフォルムの、
武井さんらしい器です。
10takei0514_20101109103539.jpg
舟形器 58,800円 ヤマザクラ 拭き漆
W41.5cmD18cmH14cm
]

両手で抱えるのに程よい大きさの鉢は、
ヤマザクラの堅い材質感が力強く伝わり、
切れる刀の刃後が掌に心地よく、
ゆったりした楕円の造形は、
自然がうみだしたかのように思えるほどに、
生命力と存在感を感じとれます。

10takei0515.jpg
ヤマザクラの木目が美しく艶やかな見込み。

刃後がパワフルな印象の外側とは対称的に、
見込みは丁寧に仕上げれてて、
穏やかな木目の美しい滑らかな表情は、
緻密で堅いヤマザクラ材の持つもう一面の、
持つ優しい柔らかさを引きだしています。

10takei0614.jpg
関節のあるサラダサーバーは次の機会にご紹介します。

存在感のある美しい姿は、
調度品として飾れば、
空間を楽しませてくれるアイテムなるでしょう。
でも、器好きの甘庵としては、
この器に似合う、武井さんのサラダサーバーを添えて、
たっぷりサラダを食べる幸せを、
想像しては、パブロフの犬を実践しています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1841-753fc337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)