FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手から生まれた楕円形

先日、武井順一さんの器には、
丸よりも楕円が多いお話しをしました。
鉢などはロクロで引き出すことで、
綺麗な円形が削りさせます。
手で彫っても、丸くできない訳ではありあませんが、
手だからこそ生み出せるフォルムとして、
意図的に少し歪ませたり、楕円にしているそうです。

10takei0628.jpg

今日は、武井さんの楕円の作品として、
楕円皿を2点ご紹介してみます。

10takei0626.jpg

10takei0627.jpg
クリ楕円皿 25,200円
クリ 拭き漆
W41cmD18cmH3cm


栗らしいやんちゃな木目で、
入り組んだ地形の等高線のように、
複雑で神秘的な木目を見せてくれています。

10takei0629.jpg

10takei0630.jpg
ケヤキ楕円皿 31,500円
ケヤキ 拭き漆
W36cmD16.5cmH3.3cm


こちらのケヤキは、
伸びやかでいて、重厚なケヤキらしい木目が、
楕円の皿をよりゆったりした表情にしています。

楕円皿は、乾いたお菓子などから、
煮汁やソースかかる料理まで、
自由にお使いいただけて、
丸い皿とは違う、盛りつけの演出が、
楽しい形の皿です。

10takei0631.jpg

拭き漆仕上げですので、
柔らかいスポンジと中性洗剤で、
普通に洗ってください。
しいて手入れとすれば、
洗った後、早目に柔らかいタオルなどで、
良く水分を拭き取ってください。

工夫なさって、いろいろな用途に使ってください。
使う事で、器の器も艶やかになり、
暮らしの中に馴染んでいって、
活き活きしてくるはずです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1845-830af3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)