FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

言葉遊びもある器

京都生まれの藤田佳三さんは、
関西人のノリと良さをお持ちで、
人柄がにじみ出る、明るくて会話の達者な方なので、
器の人気と同様に、人としてファンが多い作り手です。

10fujita0789.jpg
赤絵マルチカップ 3,360円 径9.5cmH9cm
赤絵急須ポット 12.600円 容積550cc


会話が面白く楽しいのは、
相手への気遣いがある上に、
会話をご本人が楽しんでいるからだと思います。
会話を作る言葉1つずつにも、
掘り下げて、言葉遊びがお好きなようです。

10fujita0790.jpg
モダンで伸びやかな姿は、お茶だけではなく、
コーヒーや紅茶、デザートまで楽しめる、
まさにマルチなカップです。


ご紹介している「マルチカップ」は、
「マルチタレント」「マルチ商法」「マルチヒット」など、
世の中に「マルチ」という語彙が流行った時に、
生まれたとか・・・。
その話自体が、既に会話ネタなのかもしれませんが・・。

10fujita0730.jpg
左が「ちびマルチ」こと、赤絵マルチカップ小で、
右が赤絵マルチカップです。


その後に小振りにした「マルチカップ小」を作られたときには、
人気アニメになぞって「ちびまるチ」と、
いったいた藤田さんです。

このように器のネーミングでも、
楽しく受けいられるようにと、
常に意識されているのでしょうが、
それも、大好きな陶芸の仕事だからこそ、
自然に発生している言葉であり、
会話なのかもしれませんね。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1864-373fd634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)