FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

蕾文のガラス器

巳亦敬一さんの人気の器に、
「蕾文」のシリーズがあります。
新春に花開くイメージでご紹介いたします。

11kotohogi1230.jpg

トンボ玉状につくった種を制作して、
器にあった大きさにカットし用意しておきます。
吹きガラスで作って行く過程で、
用意した種を入れ込んで行くのですが、
通常はシンメトリーな絵柄が多いところを、
どこか有機的なアシンメトリーな絵柄に仕上げるとことが、
巳亦さんの技であり、
その絵柄のイメージが「つぼみ」であるところも、
実に巳亦さんのセンスが光っています。

11kotohogi1210.jpg
巳亦敬一 ソバチョコ 蕾 3,360円
径9.5cm高さ7.3cm


蕾文チョコと呼んでいますが、
ソバチョコだけではなく、
皿とデザートカップ、小付けと、
使い勝手の良い器です。
縁が細かな輪花にさりげなく仕上げているところも、
テクニシャンな巳亦さんならではです。

11kotohogi1229.jpg
巳亦敬一 台付皿 蕾 レッド 3,780円
径15.5cmH5.5cm


こちらの台付皿は、
格調高い造形なので平向付に使いたいですが、
可愛い輪花の縁からデザート皿も似合いそう。
冷たい素材のお料理をしつらえたら、
お洒落な一皿になりますね。

どちらも、数量が減ってきていますが、
出会って手にして使ったいただければ、
より良さに納得して頂ける器です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1891-e822356c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)