FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

熊にまたがる金太郎

「マサカリかついて金太郎 熊にまたがり お馬のけいこ♪」
という子供の頃に歌っていた童謡の歌詞ですが、
長閑なようですが、リアルに思い描くと結構デンジャラス!

1_1doll_1863.jpg
道楽かん工房張り子
熊乗り金太郎 4,200円 H16cm金太郎の頭まで


ぐぐっと平和的に解釈して、
熊さんとは仲良しとして、
マサカリは・・・で、鯉のぼりをかついでいるのが、
道楽かん工房 眞鍋芳生さんの「熊乗り金太郎」です。

11_doll_1864.jpg
やる気まんまんの顔つきです。

張り子人形で、小さな鯉のぼりも、
ちゃんと張り子で作られています。
人形は角度を変えて見るのが楽しい、
立体的な造形ですから、
どの角度でも見ても、これがまた可愛いくて、
気持ちがほんわかしてきます。

11_doll_1865.jpg
大物を伺わせる気配が。

子供ながらも凛々しい日本的な顔立ちで、
ばさっと切りそろえた前髪が特徴の髪型も、
古風で良い感じです。
腹掛けには金太郎の「金」の字が、
金色で描かれています。

11_doll_1866.jpg
後ろ姿もかたるでしょ。

張り子は木型などの上に、
和紙を重ねて張り、
型からはずして作るので、
複雑な造形はできません。
玩具などをして発達してので、
彩色も最小限ですが、
眞鍋さんのデフォルメされた造形と、
古風な香りを残しつつも、
モダンにデザインされた彩色は、
動きがあって、見る側、手にした人の、
イメージを豊かに広げていきます。

11_doll_1867.jpg

飽きのこない、長くめでられる人形です。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1927-0dd83140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)