FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

赤絵のポットと安南手の急須

藤田佳三さんの器を店頭に少し並べ、
HPからもご覧いただけ、ご注文も承るお話しを、
2月6日(日)にさせていただき、
器は大分少なくなってしまいましたが、
まだまだ素敵な器が残っています。
今日はその中からとても魅力的な、
ポットと急須をご紹介します。

1102_fujita1776.jpg
1102_fujita1777.jpg
1102_fujita1778.jpg
1102_fujita1779.jpg
藤田佳三 赤絵急須ポット 12.600円
単品 容積550cc 陶器


赤絵のポットは、紅茶は無論、
口が多きのでペーパーフィルターの、
ドリッパーをそのまま乗せて、
コーヒーを落とす事もできます。
容積もたっぷり入るので、
食後のほうじ茶や番茶にも、
ぴったりな華やかなポットです。

1102_fujita1816.jpg
1102_fujita1817.jpg
1102_fujita1818.jpg
1102_fujita1819.jpg
藤田佳三 安南手急須 13,650円
単品 容積430cc 陶器


こちらの急須は大きめで、
日常に使いやすい急須です。
安南手は焼成温度も高く、
内側には薄薬が施されていますので、
香りが特にデリケートな茶葉でなければ、
汎用や流用ができます。

どちらも藤田さんの仕事らしく、
フタの納まり、握りやすい取っ手、切れの良い口と、
日常の注ぎ器として使い勝手が良い上に、
華やかで気品があり、
お茶の時間が楽しみになる、
良くできたポットと急須です。

               甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1931-fb0da6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)