FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春光がしみていく白磁

今日の荻窪は曇りが多く、
春の日差しは見えていません。
弱い風も吹いていますが、
切るような冷たさはありません。
春らしいライトグレーの空です。
そんな春の光がじんわり染みこんだような、
野波実さんの白磁の器をご紹介してみます。

11_spring_1934.jpg
11_spring_1937.jpg
野波実 青白磁カップ 3,300円
左:径9cmH10cm 右:径9cmH9.5cm


蹴轆轤(けろくろ)という、
足で回すロクロで1つずつ挽きだす、
野波さんのうつわは、
伸びやかなロクロ目をあえて消さずに、
挽きあげた美しいロクロ目を、
楽しむ事ができます。

11_spring_1938.jpg
11_spring_1942.jpg
野波実 マット白磁ゆのみ 1,800円
左:径9.5cmH5.5cm 右:径9.5cmH5cm


シンプルでいて、何気ないフォルムには、
優しさの中に力強い個性と気品が備わっています。
削りも最小限にしての、
一発勝負が見て取れます。


11_spring_1943.jpg
11_spring_1945.jpg
11_spring_1947.jpg
野波実 青白磁ワインカップ 2,000円
左:径6.5cmH9.7cm 右:径6.7cmH10cm


ワインカップは、円筒状に引き上げて、
わずかに隙間を残して胴の部分をくびれさせて、
釉薬で隙間を埋めているので、
どんよりした春空にむけて光にすかすと、
青い宝石にような色合いが手にはいりました。

盃に満ちた酒を飲み干し、
春の空にかざすと、
青い宝珠が見て取れます。
花見が待ち遠しくなく盃です。

こちらも、HPの”春を感じる器”に、
詳しくご紹介しておりますので、
ぜひご覧ください。
http://www.kan-an.com/shop/shop_spring.html#nonami

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1936-68669ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)