FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ナチュラルな美しさ

野波実さんのこの湯呑みを見たときに、
思い浮かんだのが、
「ナチュラルな美しさ」でした。

11_nonami_3202.jpg
白磁ゆのみ 1,800円 径8.6cmH6.5cm

白磁の肌は、さりげなく、
飽きのこない釉調です。
それでいて気品があり、
深みのある豊かな表情を見せます。

フォルムも奇をてらうことなく、
使い勝手から自然に生まれた姿です。

11_nonami_3204.jpg
一杯のお茶がご馳走になる湯呑みです。

手にした時の掌も、
穏やかでしっとりしたものです。

口にあたりも、同様に、
滑らかでで、飲み物の味を、
邪魔することなく、
ニュートラルに味わえる、
飲み口です。

11_nonami_3203.jpg
よく見れば、やはり一つずつで、
それぞれに凛とした姿をみせます。


一見すると、無難な作りの湯呑みと、
思われそうなくらいに、
自然な仕事ですが、
実は、バランスの良いことは、
とても難しい仕事です。

その意味でも、この湯呑みは、
ナチュラルな美しさを持っています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2045-cf97e024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)