FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あると頼もしい大皿

今日も感謝祭からご紹介いたします。
甘庵お奨めの大皿を2種です。

一つは黒釉に銀彩の、晴れ器にも使える大皿と、
チョーク描のちょっと楽しい絵がの大皿です。

11_kansya_3695.jpg
村木律夫 黒釉銀彩皿 定価21,000円 径30.5cm 高さ2.8cm
感謝祭中は定価の40%引き


11_kansya_3691.jpg
村木律夫 チョーク描大皿 価15,750円 径29cm 高さ2cm
感謝祭中は定価の40%引き


どちらも村木律夫さんの、
隅々まで手を抜かない丁寧が仕事です。
そのために、よく見て頂かないと、
手仕事と受け取りにくい方も、
いらしゃるようです。
11_kansya_3696.jpg

11_kansya_3692.jpg


縁作り、底面のしあがり、高台の削りと、
村木さんの真面目さが滲みでています。
結果として、長く使ってこそ魅力に惹かれ、
飽きない身近な大皿になって行くはずです。

11_kansya_3697.jpg

11_kansya_3694.jpg

サイズが大きいために、
みなさん直ぐに収納のことが悩みになられるようですが、
いっそ仕舞わずに、普段は飾り皿としてや、
しつらえのベースとして、
身の回りに出されておいて、
使う時にちょっと洗って使えば、
より身近な大皿になります。

11_kansya_3698.jpg

11_kansya_3693.jpg

ゆったりした盛りつけ、
気合いをいれた盛りつけ、
様々な時に使れる頼もしい、
大皿の魅力を引き出せて行くはずです。
お奨めの大皿2種です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2088-cbcced25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)