FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

スパッとザクッとした面取り

今回の感謝祭に並んでいる、
稻垣明子さんの器から、
面取りの皿と小鉢をご紹介します。

11_kansya_3714.jpg
11_kansya_3716.jpg
稻垣明子 面取り長皿 定価7,500円
W45cmD16.5cm 高さ1.5cm
感謝祭中は定価の25%引き(丸銀会員は定価の30%引き)


まずこの皿は、縁部分を面取りすることで、
薄い仕上げでかなり軽い皿を、
存在感のある質感を持たせています。

11_kansya_3715.jpg

薄い素地なのに、切り取り過ぎることを恐れず、
刃の後は力強く、スピード感に溢れています。
その点が、この皿の存在感に繋がっているようです。
釉調は複雑な組み合わせで絵ではないのですが、
描かれた表情になっています。

11_kansya_3717.jpg
稲垣明子 面取り小鉢 定価2,500円
径10.5cm 高さ6.5cm
感謝祭中は定価の40%引き


使い勝手の良い大きさの小鉢は、
ロクロ目のままの見込みは素地の明るい色で、
面取りした外側は呉須で下地を作った、
空色が綺麗な鉢です。

11_kansya_3719.jpg

こちらも面取りの刃の後が、
削る時の素地の堅さや、
少しざっくりして土の質感を、
引きだして見せています。

11_kansya_3718.jpg

どちらの面取りも、
一つずつを由とした仕事で、
手仕事ならではの逸品です。
使っていただけばさらに身近に、
クオリティの高さを楽しんでいただける、
甘庵お奨めの器です。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2090-182cdab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)