FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

伝統技のポップなお皿

山口利枝さんの若さ溢れたデザインの7寸皿です。
イッチン、染め付け、鉄絵で、
立体感と彩りのある、
縁取りのあるプレートです。

11_summer_3866.jpg
山口りえ イッチン草実文6寸平皿 3,150円
径18.5cm H2.8cm


明るくキュートなデザインですが、
山口さんらしく伝統的な手法をいかしています。
イッチンというのは、
素地の土をドロドロにしたもので、
ケーキや料理でクリームやソースを、
絞りだすようにして、
素地に立体的な装飾をすることです。

11_summer_3868.jpg
茎を立体的に描いているのがイッチンです。
葉を青く描いているのが染め付けで、実の黒茶が鉄絵です。


染め付けは、呉須といわれる、
酸化コバルトや鉄マンガンなどで調合した、
やきものの絵の具で釉薬のしたに、
絵や文様を描くことです。

鉄絵は、染め付けと同様に、
呉須に変わって、ベンガラといわれる、
酸化鉄を絵の具として描くことです。

11_summer_3867.jpg
スタッキング(重なり)の良い、
すぐれた収納性は食器に大切な点です。


多くのやきものつかわれる、
やきものの手法として間違いのない、
長く培われてきた伝統的な手法ですが、
作り手それぞれの個性で、
クラシカルにも、トラッドにも、
山口さんのこの皿のように、
ちょっとポップにもなり、
それぞれの個性と良さを味わうのは、
器好きには楽しいものです。


             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2104-68882540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)