FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ご縁

お休みの日に気になっていた約束を、
やっとはたしてきました。

前に可愛い羽釜の形をした器を納品したお話を書いた、
ご近所の釜膳さんのご好意で、
荻窪銀花のコーナーを設けて頂き飾り付けしてきました。
http://kanan.paslog.jp/article/82509.html

開店前の営業中でない時とはいえ、
仕込みで忙しい時におじゃまさせて頂きました。

釜膳さんのご主人は、忙しいなか、
お休み時間に時折時間を作っては、
催し物を見に来てくださいます。
料理人・・・とくに和のお料理は、
器とのハーモニーを楽しむのは必然。
盛りつけのイメージや発想がわくのも、
良い器の条件ですから。

そんな釜膳さんが、店の入り口のスペースに、
荻窪銀花の"うつわ"を飾らせてくださるという、
お話をいただきながら、
貧乏ひまなしで・・・・選定し、梱包し用意をしておきながら、
店が始まる前に行こうと、毎日思いながら、
なんだかんだと時間がつぶれて、
伺うことが出来ない。

そこでお休みの日にやっと伺うことができました。
飾り付けをさせていただくと、
ご主人も、奥様までも・・・お好きなんですねー、やはり。
大変嬉しそうに、お褒めいただき、
ぼくもすっかりいい気分。
何を繰り合わせても、早くするべきだったと、反省しきりでした。

最近、釜膳さんは美味しさから、
テレビなどでもよく取り上げられます。
昨日も家でぼーっとテレビをみていたら、
釜膳さんが紹介されていました。

こういう時ってなんだか、「ご縁」を深く感じます。
感謝しきりです。

                    甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/212-093c67b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)