FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注ぐのが楽しくなるピチャー

それなりに酒をたしなまれる荒川尚也さんなので、
酒器が上手いのですが、
酒器であり日常の器にも使いたくなる器に、
仕立てるところがさらに上手いです。

11_arakawa_4308.jpg
ピッチャー小 4,515円
W11.5cmD6.5cmH14cm 八分目で容積250cc
ピッチャー中 5,985円
W13.5cmD8cmH15.5cm 八分目で容積400cc


一つずつ大きさの違うピチャーは、
筒状の器の端をつまんで口を作っただけの、
シンプルなデザインですが、
たからこそ、バランス一つで、
良し悪しが決まってしまいます。

それなのに、お求めになる方が、
それぞれの良さがあって、
迷われるほどに、ハズレがありません。

11_arakawa_4309.jpg
縞模様のアワが綺麗です。

このピチャーは、冷酒、ワインと酒類だけではなく、
麺汁、ドレッシング、わりしたなど、
注ぐものならなんでも行けちゃいます。
それの、綺麗なアワとフォルムの良さから、
一輪差しにも使い勝手が良く、
かなりマルチに使える優れものです。

11_arakawa_4310.jpg
水が入ると煌めきが見えてきます。

スキガラスは液体を入れるたけで、
光の受け止め方を変えて、
違った表情を見せます。
画像のように、
水を入れただけでも違いが分かりますが、
液体に色があればそれもまた楽しめます。

使い勝手も良く、匂いも移らず洗いやすいので、
いろいろな飲み物や汁やソースを入れて、
注ぐのを楽しみたくなるピチャーです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2139-004b5e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)