FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

大晦日に解けた謎

大晦日の今日は、昨年の暮れに竣工した住宅の、
メンテナンス作業に出かけました。
天気がいいので、8kmぐらいの距離なので、
自転車で出張してきました。
このところ、通勤程度しか走っていなかったので、
久々に自転車の楽しさを味わってきました。

荻窪を通る環状八号という、渋滞が名物の幹線道路があります。
目的地の世田谷経堂へ向かうのに、この道を南下していました。
すると、歩道に見慣れない実が・・・。

amarikabafu.jpg



十年ぐらい前に一度、この実をいただいたことがあります。
そのときは、どんな木に実っていたのかがわからなかったので、
調べることも出来ずにいました。
今日は木の実が実際にどんな木から落ちて来たかを見定めました。
早速調べてみました。
一見は、葉っぱの大きな唐楓かと思いました。
でも、樹皮が違うようです。
そんなこんなで、わかりました。
すっきりしました。
で、木の実は何の木の実か?

モミジバフウ(紅葉葉楓) アメリカフウ   マンサク科
でした。

いつも走っている環状八号線なのですが、
紅葉する姿や、葉の形状から、楓の仲間と思っていたので、
植物図鑑でも、カエデ科ではあり得ない実の形状で、
なかなか見つけられませんでしたが、
なんとか、見つけられて、
10年来の謎がとけて、ちょっと嬉しい気分です。

という、たわいないことで、大晦日を喜んでいるぼくでした。

みなさん良い年を迎えてください。
こんな調子の"うつわ屋"ですが、
来年もよろしくお願いいたします。

                甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/226-07e739dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)