FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

水滴っていいます

注ぐ器展から、水滴(すいてき)をご紹介します。

12_sosogu_0504.jpg
水滴は硯などに水を注ぐ器です。
必要な分だけ水と注ぐのに使いやすい道具です。


「習字のときに水垂らすのものよ」と、
何に使うのか知っていらっしゃるお客様でも、
名称が出てこない、マイナーになってしまった器です。
ちょっと寂しいかな。

12_sosogu_0624.jpg
野波実 青白磁動物水滴 4,000円
径5.5cmH6cm


絵手紙や、仮名を楽しんでいる方には、
墨や絵の具や筆だけではなく、
硯や筆置きや文鎮や筆架などや、この水滴など、
堅苦しい約束というのではなく、
使って欲しいと願います。

12_sosogu_0625.jpg
城戸夏夫 マット釉水滴 15,000円 共箱入り
径7.5cmH5.1cm


身近で絵を描くことや、
文字を書くことを楽しむときには、
ゆとりとして道具まで楽しむことが、
文化として、あるいは教養として、
広がりをもっていけると・・・・。

12_sosogu_0626.jpg
木戸明彦 備前水滴 7,500円
径8cmH5.7cm


そう思うのは、水滴がほぼ死語になってしまうように、
無理な世の中になってしまっているのかな~?
やっぱり、ちょっと寂しいかな。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2265-4a6ad0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)