FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注いで良し盛って良し姿良し

注ぐ器展最終日になりました。
ご紹介するのは、三拍子が調った片口です。

11_katakuchi1490.jpg
角掛政志 片口  4,200円
径14cm高さ8cm 八分目で400cc


本来の注ぐ機能がまず調っていないと、
片口とは呼びがたく、
片口型の鉢といってしまう甘庵です。
その意味では、まさに片口です。
短めに設えられた口ですが、
絶妙な角度もあって、抜群の水切れを見せ、
「スパッと」切れます。

11_katakuchi1492.jpg

窯変した黒釉が美しい、
たっぷりした見込みは広がりがあり、
盛りつけやすく、盛り映えします。
しかも、洋でも和でも料理を選びません。

11_katakuchi1491.jpg

しっかり焼ききった焼成は、
せっ器質の素地の効果が発揮されていて、
釉調の肌合いも、無駄のないフォルムも、
美しい姿を見せます。

11_katakuchi1493.jpg

畳付まで施釉された大きめの高台は、
使い勝手の良い納まりとして、
安定感と丈夫さをみせながら、
品格と持っているところは、
あるいは4拍子そろった片口かもしれません。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2267-30174ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)