FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

受け手のマナーと知恵

PL法ができてから、馬鹿ていねいな説明書きをよく見かけます。
自動車や家電製品はともかくとして、豆腐や饅頭ややきものなどの、
およそ手で作られるものに関しては、受け手への過剰な甘やかしが、
かえって作り手と受け手の会話を断ち切ってしまうと、
ぼくは感じています。

ふりまわすようにして持ち帰った豆腐が壊れたという人も、
一週間もまえの饅頭が堅いと文句をいう人も、
飯椀が落としたら割れたから弱いのではという人も、
みな作り手に失礼な人たちだとおもいます。

豆腐は買物篭の上の方にいれて持ち帰るべきですし、
饅頭は美味しいうちに食べるのものだし、
飯椀は、落とせば割れるけれども、
ステンレスのボールで食べるより、ご飯が美味しいのだから、
PL法の注意書きより、
受け手としてのマナーや知恵も必要なのではないしょうか。

ごくごく基本的なことの復習になりますが、
ぼくなりに感じている、工芸品を使うときの注意点を、
並べてみましょう。

やきものは、買ってきて、おろしたては特にそうですが、
使うまえに湯や水にくぐらせててから使うと、
急には汚れずに、ゆっくりと侘びた表情にかわるのを楽しめます。

洗うときはスポンジやたわしで、洗剤つけてかまいません。
汚れを残すより、ずっといいです。
でも、身体のためにも良く濯ぎましょう。
ステンレスの水きりカゴなどはおくときにゆっくりと、
大切なものを洗うときは、カゴにタオル等を敷くのも手ですよ。
陶器、せっ器、磁器の区別ができ、特性を理解しておきましょう。
  
ガラスをいつまでもきれいに使うには、
湿度のこもる場所に長くしまっておくのはさけましょう。
表面がにごってしまうことがあります。
水道水を長く入れたままにしておいて、
水が蒸発すると塩素が付いてとれなくなったりします。
特に鉢などは、蒸発しやすいの、注意してくださいね。
(クエン酸に漬けておくと、取りやすくなりますが・・・)

漆器はプラスチックや合成塗料と違い、
呼吸をするので、水につけたままにすると、
中の木地が水分を吸収して膨らみ、
漆の層とズレが出来て、故障の原因になります。
洗い方は水でもお湯でも、でもお湯の方が汚れが取れやすいですよね。
油や汚れはやわらかなスポンジなどで、
中性洗剤で洗い、良く濯いで下さい。 
 
陶磁器や漆器やガラスには、それぞれの弱さやもろさがありますが、
それ以上の魅力をもっています。
それは温かさや潤いや輝きという表情であり、
使う程に色艶を増していく楽しみです。
お気に入りの器を身の回りで使うことで、心豊かに生活できると思いますよ。

器の素材で違う、それぞれの特徴を理解して使うことや、
受け手としてのマナーや知恵を忘れてしまうと、
物や器選びの判断がにぶったり、
自分の好きなものを大切にする喜びも遠退いていってしまいます。
あらためて、受け手のマナーと知恵を見直して見て下さい。

閑庵


DSCF0005.jpg


dougu..jpg


hayashi.drp.jpg


nonami1.jpg


nsk07.jpg


spring4.jpg

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/23-ea8a61fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)