FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

二つのスープカップ

小野寺友子さんの石ものの仕事も、
モダンですが和です。
今日は白磁の仕事から、
二つのスープカップをご紹介します。

12_onodera_1101.jpg
左:白磁スープカップB 3,150円
W15cmD12cmH6cm 容積210cc
右:白磁スープカップA 3,150円
W16cmD12cmH5.7cm 容積200cc


上から見ると楕円に歪ませた、
小野寺さんらしい優しいフォルムのものと、
口元をゆったりと締めた、
白磁の肌がより凛とするフォルムの二つです。

12_onodera_1103.jpg

容積はどちらも200ccほどはいりますが、
マグとの違いは口作りが広く作られていて、
口を付けて飲むだけではなく、
スプーンが使いやすいことです。

12_onodera_1102.jpg

爽やかな朝のスープにぴったりなイメージですが、
温野菜のサラダや、シリアルや、ヨーグルトなど、
使い方は広がりそうです。

12_onodera_1104.jpg

たっぷり飲めるカップであることと、
ハンドル付の小鉢やボウルとして、
持つことで食べやすくなるため、
高年齢層の方にも好評です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2302-80774ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)