FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

二つの六角グラス

爽やかな日差しが差している荻窪です。
だんだん水分補給が自然としたくなってきました。
ビールや麦茶や水を、ごくごくっと、
のどごしを美味しく飲みたい季節です。

12_mimata_0340.jpg

そこで、今日ご紹介するのは、
新スキ六角グラスは新作です。
巳亦敬一さんには珍しい、
型を有効に使ったグラスです。

12_mimata_0342.jpg
新スキ六角グラス大 3,150円
径7.5cmH13cm 容積250ccほど


それでもよく見ると、
腰にはガラスを着せて、
封じ込めたアワが入り、
さらに、口作り部分モール入りと、
巳亦さんらしい遊びが施されています。

12_mimata_0343.jpg
新スキ六角グラス小 2,730円
径7.5cmH8cm 容積200ccほど


下半分に残る、金属型と接してできる、
ウロコのようなガラスは、
液体が入ると、集めた光でキラキラと輝き、
飲み物をより美味しそうに見せてくれます。

12_mimata_0465.jpg

飲むときに新スキのグラスを手にしたとき、
光の加減で黄金色に輝くために、
自分の動きで輝きや色合いが変わります。
このグラスで飲む楽しみに広がりができます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2332-5b2a718d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)