FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

花鉢

野波実さんの花のシリーズは、
人気のアイテムです。

それは、花をモチーフにした、
柔らかなフォルムや、
遊び心溢れる削りに惹かれるだけではなく、
器としての基本の、
盛り映えがして料理が映え、
丈夫で使い勝手がよく、
何より、穏やかな作りは、
使っていると心和ませてくれるからです。

12_nonami_0783.jpg
青白磁花鉢 4,500円 径18cmH7cm

ご紹介している花鉢で、
お話ししてみます。
蹴轆轤で挽きだした優しくロクロ目と、
緩やかなふくらみのある鉢を、
素地が柔らかなうちに、
外側から五カ所を凌いで、
器全体を花弁型に調えます。

12_nonami_0784.jpg

その後、ある程度乾いたところで、
高台を削るのですが、
野波さんの器共通ですが、
最小限しか削りません。
そうできるように、
無駄な部分がないようにロクロ挽きしています。

12_nonami_0785.jpg

そしてこの鉢の高台削りですが、
ご覧のように、
ここにも、花をモチーフにした、
削りを見せています。

12_nonami_0790.jpg

邪魔にならない程度に、
見込みにも蕊が彫られています。
洗うのが楽しみになる、
ますます器好きになる、
作り手野波さんらしい、
嬉しい配慮です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2352-48cab7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)