FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

もう一つのアワ

澄んだ素地に流れように、
湧き出すように入ったアワが、
まるで水や氷のうような表情をみせる、
ガラスの器が荒川尚也さんの人気ですが、
もう一つアワの仕事があります。

12_arakawa_1117.jpg
ディップ皿  3,675円 径16.5cmH3.5cm

静かな、でも躍動感のあるアワは、
前者が発泡させて描き出すように作られたアワなの対して、
このアワは、溶けたガラスが固まるまでのあいだに、
素地を凹まして、空気のアワを閉じ込めたものです。

12_arakawa_1119.jpg

作り手の手業で、素地との会話から生まれ、
体全体から生み出されたリズムを、
そのまま受け止めています。

クリアなスキの素地の中に、
最小限に施されたのアワが、
静かで力強い器に仕上げています。

12_arakawa_1118.jpg

焼き物でいえば、
ちょうど絵のない粉引や刷毛目や、
白磁や青白磁のように、
盛りつけられた料理を包み込み、
美味しそうに映えさせます。

量産品のように均一ではない、
少しずつ違う、一つずつの表情は、
職人さんの手が作り出す和菓子やパンのように、
美味しいガラス器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2378-64d53f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)