FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

涼しげなガラス

荒川尚也さんの個展最終日の荻窪は、
暑くなってきています。
強い日差しと、蒸し蒸しする湿度は、
熱中症に気をつけないといけません。
甘庵は、水瓶補給と団扇で乗り切ります。

この暑さなので、
すこしでも目には涼しい、
荒川さんの作品をご紹介します。
12_arakawa_1126.jpg
クラウン花入れ 太 18,900円 径12cmH17.5cm

アイスクラックという手法で、
成形中の素地が熱い段階で水に浸けます。
衝撃で割れたりヒビが入ります。
もう一度火のなかで、尖った部分やヒビを溶かし、
刺さらないように、割れないようにします。

12_arakawa_1128.jpg

この方法で、ギザギザになっている縁部分が出来ます。
まさに氷が割れたような表情で、
アイスクラックと言われるようです。

光をうけると、
先端のギザギザ部分は、
ステンドグラスのように煌めき、
細かなヒビもキラキラ輝きます。

12_arakawa_1130.jpg
クラウン花入れ 細 16,800円 径9cmH17.5cm

1400℃にもなる溶けたガラス素地が、
こんなに涼やかな表情を見せるのは、
不思議なきがしますが、
素地の透明感もあって、
氷の塊や、ツララや、霜柱をみているような、
そんな連想で、すこしだけ、
気持ちがクールダウンします。

12_arakawa_1131.jpg

これらは花器なので、
水をいれると、
光を集めた水が、
また違う表情を演出してくれます。

ついでに、このギザギザの縁が、
花入れとして活けやすい、
枝や茎の納まりになります。
花器としての実力からも、
お薦めできる逸品です。

          甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2386-98747223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【涼しげなガラス 】

荒川尚也さんの個展最終日の荻窪は、暑くなってきています。強い日差しと、蒸し蒸しする湿度は、熱中症に気をつけないといけません。甘庵は、水瓶補給と団扇で乗り切ります。この暑...

  • 2012/07/12(木) 00:55:35 |
  • まとめwoネタ速neo