FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

透けるヤキモノ

ヤキモノでも光と透かす窓の付いたものがあります。
ご紹介するのは、野波実さんの小振りのカップも、
”ホタル”という手法で、小さな光を透かす、
小さな涙型の窓が作られています。

12_zansyo_0294.jpg
野波実 青白磁なみだデミタスカップ 2,600円 径7.5cmH5.5cm
野波実 白磁小皿 1,800円 径13cmH2cm
堀内繁樹 真鍮小さじ 1,680円 L12.5cm
野波実 花のふたもの(シュガーポット)4,500円


素地に穴を穿ち、
青みがかった青白磁の釉薬で、
穴を埋めています。
釉薬はガラス質なので、
柔らかく光を通します。

12_zansyo_0295.jpg

青白磁自体が涼しげなヤキモノですが、
小さくても光を通す窓があると、
より涼やかなイメージが広がります。

濃いめのコーヒーの好きな甘庵の、
イメージはぴったりの大きさで、
ゆったりして午後のコーヒーをいただく、
憩いのひとときを連想できます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2417-a466135c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)