FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

揺らぐガラスの中の点線の気泡

荒川尚也さんのガラス器の中で、
発泡させたアワのシリーズは高い人気です。
それは、澄んだ素地があってこそ、
アワの輝きを魅力的に見せているからです。

初めに澄んだ素地があり、
その中で光が揺らいだり、屈折するデザインが生まれ、
その後にアワを入れるデザインを確立させていきました。

12_zansyo_0411.jpg


このアワを初めに使ったときは、
発泡ではなく、空気を閉じ込めたアワです。
”暑中お見舞いうつわ展”からご紹介している、
ディップのシリーズがそれです。

12_zansyo_0414.jpg
ディップ皿  3,675円
径16.5cmH3.5cm


揺らぐ素地の中に点線のように続くアワ。
等間隔で素地を凹ませた後に、
溶けた素地を着せて封じ込めた気泡です。

12_zansyo_0412.jpg
ディップ小鉢 3,780円
径13.5cmH6cm


作り手荒川さんのガラス器への思いに、
手にしたときに炎の色をした熱い液体だったことを、
思い出させてくれる器でありたいと言っています。

その思いそのものが伝わってくる、
荒川さんらしいシリーズは、
長い時間を過ぎでも支持され続けています。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2423-0583b286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)