FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器から秋を感じる

荻窪銀花では今日から新しい企画、
”秋色の器 こっくりとしっとりと 展"が始まりました。
とはいえ、暦や気分が秋でも、
まだまだ残暑が厳しい日が続いています。
せめて、器から秋を感じて楽しみましょう。

12_autumn_0565.jpg
中條正康 おむすび小皿 2,000円
△ 10cmH1.5cm


ご紹介しているのは、中條正康さんの、
小皿と半月皿には、楽しく微笑ましい、
秋の絵柄が描かれています。

12_autumn_0618.jpg
中條正康 絵替わり半月皿 4,000円
W13cmD10.8cmH2.5cm


虫の音が聞こえて来そうだったり、
月を仰ぐ兎の可愛い姿が、
食卓に秋を呼び込みます。

12_autumn_0619.jpg
この皿は裏まで、楽しい絵が続きます。

器ですが、どこか楽しみのアイテムなところが、
中條さんの器の特徴です。
とくのご紹介している様な小振りの皿は、
盛りつけた料理を味わっていただき、
同時に器の絵柄を楽しめる器です。

四季を愛で、暮らしに取り込み、
楽しんでいた先人たちの毎日は、
大切な文化として受け継いでいきたいと思います。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2431-f5a71277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)