FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

日常で使って欲しい木の皿

武井順一さんの個展から、
毎日のように使って欲しい、
タモ材の長皿をご紹介いたします。

12_takei_0940.jpg

巾が37cm、奥行き17cmの楕円皿は、
使い方は幅広いと思います。
ただ、木の皿への先入観から、
使い方に制限があると思われている方が、
多いかもしれないので、
誤解といってもよい部分を、
なくせたらとお話ししてみます。

まず、ヤキモノやガラスの皿のように、
なんでも盛って使っていただけます。
下地が木ですから、鍋焼きの受け皿のような使い方で、
特別熱い物を置くのは無理です。

また、皿なので汁が多いと盛りにくいのですが、
それ以外は、熱いものでも冷たいものでも、
脂っこいものでも、お酢のものでも、
食材を気軽に盛りつけていただいて、
まったく問題ありません。

12_takei_0941.jpg

手入れも、普通の食器のように、
洗剤で洗ってください。
水でもお湯でもよく濯いでください。
それだけです。

ただし、木に漆仕上げなので、
堅いもので洗うと、表面が傷ついたり、
縁が減っていってしまいます。

目安としては、
自分の手に擦って痛いもので洗うのは、
避けてください。

この点だけ慣れれば、
軽くて、丈夫で、盛り映えして、
実に使い勝手のいい皿になります。

12_takei_0942.jpg

メンテナンスもお気軽にできます。
長く使いこんでいただき、
縁や高台部分などが、
すり減った時には、
もう一度、漆を塗ることで、
簡単に元に戻ります。

本来、ぼくたち和の文化には、
椀や木皿など、木の器を多く身近で使っていました。
それは、丈夫な使い勝手の良さと、
木の持つ温かい手触りや質感を、
好んでいたからです。
ぜひ、木の器を見直していただき、
日常に使って欲しいと思います。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2461-35bb8093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)