FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

肌になっている絵付け

開催中の「使いやすく盛り映えする器展」の中では、
少数派になる絵付けのある器をご紹介します。
山口利枝さんの定番中でも特に人気の高い2点です。

12_useful_1225.jpg

どちらも染め付けの青と鉄絵の茶で、
山口さんらしい絵付けが施されています。
器として必然を感じ取れない上っ面の絵付けは、
時に盛りつけの邪魔になったりすることもあります。

12_useful_1243.jpg
山口利枝 鉄実草文しのぎ楕円皿 3,990円
W23.5cmDc14mH3cm


この2点の鉢を皿は、
その点では、ダテの人気ではなく、
盛り映えし、使い勝手が良いためです。

12_useful_1245.jpg
山口利枝 鉄実草文六寸皿 3,150円
径18.7cmH3cm


絵は器自体の肌になっているのが、
望ましいと思っています。
この2点はその意味でも、
器にとって自然な絵付けで、
飽きがこない、可愛がっていただける、
人気に定番になっています。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2490-1b51c06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)