FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

たっぷりのポット

寒くて乾燥していると、
温かい飲み物をたっぷり飲みたくなりますね。
そんな時にお薦めのポットをご紹介します。

13_hatsuichi_0487.jpg
村木律夫 白磁ポット 13,000円 700cc

村木律夫さんの白磁ポットとチョーク描ポットです。
見た目以上にたっぷり入り、
切れが良く、ス(茶こしする部分)も細かく穿たれていて、
隅々まで仕事が丁寧です。

13_hatsuichi_0495.jpg
村木律夫 チョーク描ポット 13,000円 700cc

中にも釉薬が掛かっているので、
茶葉を色々使いたい方には、
お薦めのポットです。

13_hatsuichi_0547.jpg
丁寧に穿かれたスに穴がお茶の味をアップさせます。

筒型タイプは、口が大きく、
茶葉の出し入れや管理がしやすく、
また、コーヒー党には、
ペーパーフィルターのドリップが乗り、
コーヒーサーバーになります。

13_hatsuichi_0489.jpg
村木律夫 白磁ポット 13,000円 600cc

白磁の釉薬はビールの絞った残りを燃やした灰を、
ベースに調合しています。
伝統的は灰釉よりどこかモダンで、
村木さんの作り出すフォルムを引き立てています。

13_hatsuichi_0498.jpg
村木律夫 チョーク描ポット 12,000円 550cc

チョーク描は村木さんの得意の仕事で、
筆描くのとはひと味つがう、土の質感をいかした、
柔らかで温かみのある線描になっています。

どれも手にすると思ったより軽く感じます。
作りに無駄がないからで、
そのため、見た目よりたっぷり入る、
使い勝手のよいポットに仕上がっています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2538-c1e95b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)