FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

穴窯の粉引はトロリン

今回の光藤佐さんの個展には、
穴窯で焼いた粉引が届いています。

13_mitsufuji_0607.jpg
粉引皿 5.5寸 5,500円
径16.5cmH3cm


生地を厚めに挽いたわけではないのに、
少し手重に感じます。

13_mitsufuji_0608.jpg

良く焼かれて、堅い感じなのもありますが、
高温でも溶けにくく調整した釉薬が溶けて、
そこに、薪窯の灰が舞って降り注ぎ、
厚めの釉薬になったのでしょう。

13_mitsufuji_0609.jpg
粉引兜鉢 5.5寸 5,500円
径16cmH4cm


渋めの色合いですが、
トロンっとした釉調で、
料理を盛った時に、
舐めめかしいほど華やぐ器です。

13_mitsufuji_0610.jpg

かなり堅く焼きしまっているので、
長く使うほどに、少しずつ表情が変わり、
よりよくなるのが想像できます。

器好きならきっと納得していただける、
お薦めの器です。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2542-d132856f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)