FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

炎が描き色づけ

開催中の光藤佐さんの個展は、
今年も薪を焚く穴窯という、
シンプルな窯で焼き上がったものが中心です。
13_mitsufuji_0646.jpg
絵唐津皿 4.5寸 4,500円
径13.5cmH2.5cm


今日ご紹介する絵唐津の皿の画像を見ていただくと、
一つに皿でも、複雑な色が混ざりあっています。
同じ時に同じ土でロクロを挽き、
ほぼ同寸に挽き上がった後に、
施釉して数日間の間、薪で焼かれます。

13_mitsufuji_0647.jpg

それら5枚一組を並べると、
赤、茶、黒、緑がみえます。
炎を降った灰がありなす色合いです。

13_mitsufuji_0652.jpg
絵唐津皿 6寸 6,000円
径18cmH3.5cm


炎が酸化炎だと、赤や茶系になり、
還元炎だと緑系が多く出ます。

13_mitsufuji_0653.jpg

また、還元炎の中にいたモノは、
素地が凝縮していて、
サイズが少し縮まっています。
表情も硬さがみえます。

一枚一枚の表情や釉調が変わるのは、
炎が描き色づけした、
薪窯ならではの、面白み、趣です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2543-62118dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)