FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

しのぎマグ3種

今日は開催中の自分の器展から、
鎬(しのぎ)のマグカップをご紹介します。

13_mycup_0971.jpg

鎬というのは、
ロクロ挽きしてまだ柔らかさの残るうちに、
作り手それぞれの道具で連続して溝を彫ることを言います。

語源としての鎬は、溝の部分ではなく、
溝と溝の間の高い部分を言い、
刀剣の鎬から来ている形状の言葉です。

甘庵にとってはヤキモノの鎬も、
本来の意味の鎬を大切にしてみています。
つまり、溝ではなく溝を彫ることで生まれた、
鎬の出来を大切にしています。

ご紹介しているマグ3種もその意味で、
作り手山口利枝さんと新妻陽子さんの、
それぞれの個性が出ています。

13_mycup_0908_20130217122314.jpg
山口りえ
白磁しのぎマグ 3,150円 径10cmH7.5cm


山口さんは磁器に少し青みがかる釉から、
溝が生み出す陰影で、
鎬が明るく白く強調されて、
爽やか印象のマグカップに仕立てています。

13_mycup_0943.jpg
新妻陽子
縞マグカップ 3,500円 径9cmH8cm


新妻さんのマグはどちらも粉引で、
鎬部分の化粧土を薄くして、
白い化粧土から黒く素地を見せて、
力強い鎬の強調しています。

13_mycup_0944.jpg
新妻陽子
縞マグカップ(細)3,500円 径9cmH8.3cm


細い鎬マグは、三島手の手法で、
化粧土を擦り、少し静な鎬に仕立てています。

同じ手法でも、土や作り手によって、
同じではないところが、
やきものの楽しいところなんです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2565-802c79ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)